噛み合わせと風邪予防

こんにちは!

噛むことと風邪予防は関係があるのをご存知でしょうか?

しっかりと噛むことで唾液の分泌を促進し、口腔内を殺菌することができるのです。そういったテーマで以前三重テレビさんより取材を受けたので、今回はその動画のご紹介です。

↓ 画像を押すと動画が見れます。↓

mtm

いかがでしたか?風邪などのウィルスの中でも強力なインフルエンザも、良く噛むことで予防することができるのです。

しかし、しっかりと噛むためにはキレイな歯並びと正常な噛み合わせでなければなりません。歯並びは矯正治療を行わなければキレイにすることはできません。体の健康のためにも歯並びをキレイにしましょう!

当院ではオリジナルの矯正法、大口式ホーム矯正法をオススメしています。家でだけ矯正できるので、人に気付かれることなく矯正することが可能です。気になる方は是非一度お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


すきっ歯を治す!

こんにちは!

みなさんは前歯の間に隙間はありませんか?その状態のことを「すきっ歯」と言います。すきっ歯であると、人にどう見られているんだろう、と考えてしまったり、歯を見せて笑うことに抵抗を覚える方が多くいらっしゃいます。

そこで今回はすきっ歯の一番簡単や治療方法について利点欠点をお話します。

すきっ歯を一番簡単に治療できる方法は「ダイレクトボンディング」という方法です。これは、隙間の部分にプラスチックを埋めて隙間を見えなくする方法です。前回お話したクイック矯正と違い歯を削らないため気軽に行える矯正法だと思います。また、虫歯がある場合には保険が適応できるので安価で治すことも可能です。

しかし、保険適応の場合、使用される歯科材料に限りがあるため、色のバランスが悪くなる場合もあります。そういった場合には自費での治療で自分の歯と同じ色を選択する方がいいかもしれません。

また、隙間に入れるのはプラスチック素材のため、割れたりかけたりする場合もあります。プラスチック素材のため将来的には変色することもあります。

そしてこの治療法は治療してくれる歯科医の技術によって状態が左右されます。隙間を埋める程度であればどこの歯科医でもおこなえるが、審美性を求める場合やずっとその状態を継続しておこうと考える方は、歯科医院の選択を吟味する必要があります。

結婚式や同窓会などの集まりの時、どうしても気になる部分だけ治したいときにはうってつけの治療法かと思います。しかし、歯並びのことを思えばしっかりと矯正治療することが大切です。

当院ではオリジナルの矯正法、大口式ホーム矯正法をオススメしています。家でだけ矯正できるので、人に気付かれることなく矯正することが可能です。気になる方は是非一度お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


クイック矯正とは?

こんにちは!

みなさんはクイック矯正という言葉を聞いたことありますか?矯正について悩んでいる方でしたらもしかしたら聞いたことがあるかもしれません。今回はクイック矯正についてお話します。

 

通常、歯列矯正は自分の歯に微量の力を継続的にかけることで、歯を理想的な位置へと動かす治療方法です。そのため、治療には長い期間がかかってしまいます。

そこで生まれたのがクイック矯正という治療法です。別名、補綴矯正ともいわれ、ラミネートベニアやクラウンなどの人工の歯を使用することで歯並びを良くする矯正治療となります。

まずクイック矯正のメリットです。クイック矯正は治療期間がとても短く、2週間~1ヶ月ほどで終えることができます。さらに歯の白さも選ぶことができるので、より白い歯を手に入れることも可能です。

短期間で矯正できるのはとてもうれしいことだと思います。しかし、デメリットもあります。

クイック矯正の仕組みは、間違った方向に生えている歯を削り、正しい方向へとなるように作られた補綴物を被せることで歯並びを良く見せるものとなります。

そのため、歯の向きを変えるのにも限度がありますし、骨自体を動かすことは出来ないので骨格的に前突感がある方などには向かない治療となります。

また被せ物を装着するためには歯を削る必要があります。そのため、場合によっては健康な歯を犠牲にしてしまうこともあります。そして被せ物は耐久性が強くはないので、いつか外れてしまうなどトラブルの原因ともなってしまいます。

矯正の期間が短いのが最大の特徴であるクイック矯正。利点も欠点もありますので、お考えの方はよく主治医とご相談下さい。

当院ではオリジナルの矯正法、大口式ホーム矯正法をオススメしています。家でだけ矯正できるので、人に気付かれることなく矯正することが可能です。気になる方は是非一度お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


空隙歯列とは?

こんにちは!

歯並びにはさまざまな種類があります。出っ歯や受け口など、いろいろな種類があるため、治し方もそれぞれ違う方法が必要となってきます。

今回は空隙歯列についてお話します。

空隙歯列とは、歯と歯の間に隙間があいている状態を示します。いわゆる「すきっ歯」と言われるものです。これは、顎が大きいが生えている歯が小さい場合や、歯の数が足りないことからスペースが多すぎることにより生じます。

空隙歯列は子供の頃は自然に見られるものです。それは乳歯が小さいため、顎の大きさとあっていないため乳歯の時はすきっ歯になるのが自然です。この場合、成長空隙と言い成長途中にある空隙からこう呼ばれています。

この空隙があることで永久歯に生えかわる時にぴったりとあった歯並びに生えかわるのですが、永久歯の大きさが小さい場合や、歯の数が足りないために隙間が開いてしまう場合、空隙歯列という歯並びとなってしまいます。

原因として考えられるのが遺伝です。歯並びは遺伝とは関係ありませんが、骨格や歯の大きさというものは遺伝されます。そのため顎の大きさと生えてくる歯の大きさのバランスが悪いと隙間が出てきてしまう場合があります。

遺伝以外の原因は癖です。こちらのブログでも何度も紹介しているように、歯並びと癖の関係はとても大きなものとなっています。指しゃぶりや口呼吸、舌癖は歯を動かす原因となってしまいます。出っ歯や受け口にもなりますが、歯を動かすことで隙間ができてしまうこともあります。

空隙歯列は隙間があるだけの歯並びとおもってはいけません。隙間があるということはプラークが溜まりやすいということです。つまり、虫歯や歯周病のリスクが高くなることになります。また隙間がある分噛み合わせがうまくいかないために体全体のバランスを崩してしまうこともあります。

歯並びは見た目だけでなく機能的な面でも体に与える影響があります。矯正治療は早めにおこなうことが大切です。当院では大口式ホーム矯正法をオススメしています。家にいる間だけで矯正ができるので、忙しい方などにとてもオススメです。気になる方は是非一度お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


抜けそうな乳歯

こんにちは!

子供のとき、乳歯が抜けそうで抜けない、グラグラしているという経験があったと思います。
そんなとき皆さんはどうしていましたか?
そして、自分の子供がそういった状況のときどうするのがいいのでしょう。

乳歯は生える時期も1本ずつ違い、抜ける時期も1本ずつ違います。
一般的に入試から永久歯への生えかわりの時期は6歳前後と言われており、その頃から永久歯は生え始めて12~13歳頃までにはすべて生えそろいます。

では抜くべきか、自然に抜けるのを待つべきか
実は場合によるのです。まず、抜くと決めた場合の注意点です。
グラグラしているから舌や指で触っていたら抜けてしまったという場合は、自然に抜けたのと同じですので問題ありません。
ただし、無理に抜いてしまうのはよくありません。グラグラし始めてから抜けるまでにとても時間がかかるのが通常です。ですが、無理な力を加えて抜いてしまうと、歯根が折れて残ってしまったり、抜歯の際に歯ぐきが傷ついてしまうこともあります。

また、乳歯は永久歯が生える場所の道しるべでもあるのです。永久歯が出てくる場所に乳歯が残っていることで、正しい場所に永久歯が生えてくることができるようになるのです。

なので、無理に抜くのはよくありません。かといって、絶対抜いてはダメというわけでもありません。
それは乳歯が残っているのに永久歯がもう出てきてしまっている場合です。
先程説明したように、乳歯が生えている場所に永久歯が生えてくることでいい歯並びになります。
乳歯が抜けてから永久歯が生えてくるのが理想的ですが、必ず抜けてから生えてくるわけでもないのです。歯並びは見た目だけではなく、健康にも大きく影響してきますので、乳歯を抜くべき時があることも覚えておいて下さい。

また乳歯のむし歯が酷い場合には影響がある前に、抜いたほうがいい時もありますね。

永久歯への生えかわりはその後の歯にとても大きな影響を与えます。
本来は乳歯は自然に抜け落ち、永久歯が生えてくるものですので、そのうち抜けると待っていればよいと思います。
早く抜かなければ歯並びが悪くなってしまうというわけでもなく、歯並びに大切なのは顎の大きさです。
しっかりと顎が成長していれば、永久歯の入るスペースも確保できるのでしっかりとよく噛んで顎を成長させることの方が大切かもしれません。

抜くか抜かないかはそのときの状況を見て判断するのがいいでしょう。
歯科でも診てもらって判断を仰ぐようにしましょう。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


舌癖に注意!

こんにちは!

みなさんは舌癖はありませんか?
例携帯をいじっているときやテレビを見ている時に、口がポカーンと開いていて、上下の歯の間から舌が出ていたり、飲み込む時に舌を前に推すような動きをしている方、それを舌癖といいます。

以下の症状がある方は、もしかしたら舌癖かもしれません。
one安静にしている時に、舌が前歯や唇に触れている
two無意識に口をポカーンとあけていることが多い
three口角が下がっている
four食事中、食べ物が口からよくこぼれる
fiveさ行、た行が言いにくい
six口の中にある食べ物が見えやすい
seven唇をあけたまま物が飲み込めない
eight飲み込む時に歯の隙間から舌が押し出される

舌癖があると、いつも舌が前歯を触っていたり、低い位置にあります。飲み込む時に前簿を強く押してしまいます。また、さ行、た行などの発音が舌足らずな感じになってしまうこともあります。
舌癖のせいで口が開いたままでいると、唇や口の周りの筋肉が弱くなり、外側から歯並びを押さえる力が無いので、歯並びにも影響が出ることもあります。

舌癖の原因といて言われているのが、口呼吸や指しゃぶり、舌突出癖などの習慣的な癖、舌が大きいや舌の運動能力が低かったり、遺伝の可能性もあります。
舌癖をそのままにしていると、むし歯や歯周病になりやすかったり、風邪を引きやすい、見た目がよくないなどの問題があります。

そうなってしまわないためにも、舌を正しい位置に置くことが大切です。
舌の正しい位置は、舌の先が上の前歯の付け根の辺りにある「スポット」と呼ばれる丸い膨らみを触った状態で、全体が上顎にくっついている時です。このときに、舌は歯に触れてはいけません。
口唇をしっかりと閉じ、それと同時に、舌が持ち上がって口蓋の正しい位置に触れていることが、正しい歯列や顔面の形成上、そして鼻呼吸の獲得上とても重要なんです。

舌癖は同時に口呼吸をしてしまう要因でもあります。
口呼吸のデメリットは過去にブログでも紹介しましたが、口の中が乾きやすくなるためむし歯や歯周病の進行を早めてしまいます。また歯並びの悪化や、あけていることによる見た目の悪さなどが目立ちます。

口呼吸同様にまずは口を閉じることに意識して、舌癖と口呼吸の悪い癖を直すように心掛けましょう。

記事でもご紹介しました英語版の映像や、歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


唇を噛む

こんにちは

今回は咬唇癖(こうしんへき)についてお話しますね!


咬唇癖とは唇を前歯で噛んでしまう癖のことです。
幼少期にこの癖がある状態だと、上の前歯が前へ傾斜し、舌の前歯は後ろへ傾斜します。そのため出っ歯になってしまうことがあるのです。また、上の唇を舌の前歯で噛んだり吸ったりすることで受け口になってしまうこともあります。前歯の間が開いてしまうと上下の前歯の間に唇がすっぽりと収まるので、咬唇癖をやめさせることが難しくなります。

咬唇癖をしてしまう理由としては悔しさや寂しさから噛んでしまったり、指しゃぶりのかわりに現れたりします。
幼少期に多い癖ですが、ストレスのために大人でも咬唇癖がある方もいます。ドラマなどでも、イライラしてやりきれない怒りを唇を噛んで表現していたりしますね。

歯が動いてしまう前に唇を噛んだり吸ったりする癖をなくすことが大切です。
ですが、無意識の癖はなかなか治そうと思っても治すことができません。
幼少期の癖は噛んではダメなことを説明して、根気よく注意することが大切です。成長してからの歯並びのことも考えて癖を治すようにしましょう。

ストレスや怒りからくるものは、なるべくストレスをなくすことが大切ですね。適度な運動や適度な睡眠も大切ですし、バランスのよい食生活も大切です。

前回同様癖についてお話しましたが、癖は無意識に行っている行動なのでなくすためには日ごろから意識することが一番大切です。
気が付いたらすぐに対処するようにしましょう。

当院では家にいる間だけ装置を付けることで矯正ができる「大口式ホーム矯正法」をオススメしています。気になる方は是非一度お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


子供の歯並びを悪くする癖

こんにちは!

子供の歯並びは小さな癖でも、将来大きく歯並びに影響するのです。今回は気をつけるべき子供の癖についてお話します。

まずは指しゃぶり

指しゃぶりは自然な行動なので3歳くらいまでは問題ありません。しかし、5歳以降も指しゃぶりが続く場合、しゃぶっている親指で前歯を押してしまい上顎前突、出っ歯となってしまいます。更にその指を吸っている場合、横の歯を内側に倒してしまう可能性もあります。

指しゃぶりはせめて4歳くらいでやめさせるのが理想でしょう。日頃から子供と一緒に動いて、ぼんやりとした時間を作らせない様にするのがいいかもしれません。また指しゃぶり防止の器具や手袋を使用するのも効果的です。

頬杖をつくのもよくありません。

頭は意外と重く、頬杖をつくことで顎にヘンな力がかかってしまいます。それにより顎の成長に左右差が出てしまうと永久歯が生えてくる頃に全体の歯並びが乱れてしまうことになります。短時間なら問題はありませんが、長時間頬杖をついている場合は注意が必要です。

物や爪、唇を噛むのもよくありません。

食べ物を噛むのと違い、不自然な口の動きをしてしまいます。習慣化されてしまうと噛み方が変わってしまい、歯並びや顎、歯ぐきに負担がかかってしまいます。

 

今回3種類の悪い癖をご紹介しましたが、これら以外にも治すべき癖はあります。そちらについてはまた次回お話します。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


噛み合わせは大丈夫?

こんにちは!

歯並びを治すきっかけは主に見た目だと思います。歯並びがガタガタしていたり、出っ歯であったり、人によって気になる部分は様々です。しかし、歯並び以外でも矯正治療を行った方がいい方もいらっしゃいます。

それが「噛み合わせ」の悪い人です。噛み合わせが悪い場合、体に異常をきたしてしまうこともあるのです。

良い噛み合わせの場合、上下左右の歯が均等に噛むことができます。そのため、一部の歯に負担をかけることなく食事をしたり、筋肉を動かすことができます。

しかし噛み合わせが悪い場合、一部の歯にのみ負担がかかるだけでなく、噛む時のバランスが崩れてしまうことで、体全体のバランスも変わってきてしまうのです。バランスが崩れると顔に歪みが出てしまったり、筋肉の動きが安定せず顎関節症になってしまったり、首や肩に負担をかけてしまうなど、体に負担をかけてしまうこととなります。

噛み合わせはずっと安定したままではありません。虫歯などの治療や、歯が抜けてしまうなど、年を重ねることで歯が擦り減ったり、噛む筋肉が衰えたりし変化していきます。

そのため、何かいつもと噛んだ感じが違うと思ったら、早めに歯科へ行き診察してもらうことが大切です。特に若い方の場合、歯並びを整えることで噛み合わせも正常にすることができるので、早いうちに矯正治療をすることをオススメします。

当院では人に気付かれない矯正治療として、大口式ホーム矯正法をオススメしています。装置の装着も家にいる間だけですので、外出の際に口元を気にする必要がありません。気になる方は是非一度お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


歯並びを治そう!

こんにちは!

歯並びが乱れていると、虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。それだけでなく、人に歯を見られることが嫌になってしまい、あまり笑わなくなってしまう方もいらっしゃいます。

そういった悩みから矯正治療を検討される方もいらっしゃいますが、矯正のイメージがワイヤーを歯に付けるタイプのもののため躊躇してしまう、という方もとても多くいます。

そんな悩みを解消するために生まれたのがマウスピース型の矯正装置です。透明なマウスピースなので注意深く見られない限り装着していることが気付かれにくい、インビザラインという矯正治療です。しかし、インビザラインは必ず気付かれないわけではありませんし、一日の装着時間が22時間程、食事時間以外は取り付けていなければいけないというものです。

こういった矯正治療の利点欠点をうまく融合したものが大口式ホーム矯正法となります。大口式矯正法はマウスピース型の装置ですが、一日の装着時間は12~14時間とインビザラインのおよそ半分で済みます。そしてその装着も家にいる間だけでいいので、装着して外出することもありません。そのため人に気付かれることなく歯並びをキレイにすることができます。

キレイな歯並びは体によい影響を与えるだけでなく、心にもよい影響を与えます。それは歯を見せることへの抵抗が無くなるため表情豊かになるからです。

みなさんも是非キレイな歯並びを手に入れて、健康で豊かな生活を過ごせるよう心がけましょう。

気になる方はぜひ一度お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。