噛み合わせは大丈夫?

こんにちは!

歯並びを治すきっかけは主に見た目だと思います。歯並びがガタガタしていたり、出っ歯であったり、人によって気になる部分は様々です。しかし、歯並び以外でも矯正治療を行った方がいい方もいらっしゃいます。

それが「噛み合わせ」の悪い人です。噛み合わせが悪い場合、体に異常をきたしてしまうこともあるのです。

良い噛み合わせの場合、上下左右の歯が均等に噛むことができます。そのため、一部の歯に負担をかけることなく食事をしたり、筋肉を動かすことができます。

しかし噛み合わせが悪い場合、一部の歯にのみ負担がかかるだけでなく、噛む時のバランスが崩れてしまうことで、体全体のバランスも変わってきてしまうのです。バランスが崩れると顔に歪みが出てしまったり、筋肉の動きが安定せず顎関節症になってしまったり、首や肩に負担をかけてしまうなど、体に負担をかけてしまうこととなります。

噛み合わせはずっと安定したままではありません。虫歯などの治療や、歯が抜けてしまうなど、年を重ねることで歯が擦り減ったり、噛む筋肉が衰えたりし変化していきます。

そのため、何かいつもと噛んだ感じが違うと思ったら、早めに歯科へ行き診察してもらうことが大切です。特に若い方の場合、歯並びを整えることで噛み合わせも正常にすることができるので、早いうちに矯正治療をすることをオススメします。

当院では人に気付かれない矯正治療として、大口式ホーム矯正法をオススメしています。装置の装着も家にいる間だけですので、外出の際に口元を気にする必要がありません。気になる方は是非一度お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。