矯正中に気を付けること

こんにちは!

ワイヤー矯正もマウスピース矯正も普段生活する時には装着されています。そのため、普段の生活に支障をきたすのでは?疑問に思う方もいらっしゃると思いますので、今回は矯正中の日常生活についてお話します。

まず、装置をつけていると慣れるまでは会話がしづらいです。どちらの矯正法も口の中に物が入っている状態なので、慣れるまでは違和感を感じる方が多くいらっしゃいます。

マウスピースタイプは透明な為目立ちにくいですが、ワイヤー矯正は歯の表面に装置が付いているため目に見えてしまいます。そのため、見た目が気になるという方はとても多くいらっしゃいます。ワイヤーなどの色を白くする方法もありますので、歯科医院で相談し、装置の色を分かりにくくするかマウスピースタイプの矯正装置を選択しましょう。

矯正装置は歯を動かすものです。そのため、付け始めた時には痛みが生じることがほとんどです。1週間ほどで落ち着きますが、痛みがひどく生活に支障をきたすような場合には痛みどめを処方してくれる歯科もあるので、心配なことがあれば歯科に相談するのがいいでしょう。

ワイヤー矯正であれば24時間ずっと、マウスピースタイプであれば食事時以外はずっと付けている矯正法です。そのため、食べ物のカスなどが装置にまぎれて溜まってしまうことも多いです。マウスピースタイプの場合、装置は取り外すことができますが、装置自体によごれが移ることもあるので装置も口腔内もキレイにしておく必要があります。

歯磨きも慎重に行わなければなりません。歯並びが動いているときはこれまでの歯みがきでは磨ききれない部分も出てきます。1歯ずつ丁寧に磨くことで虫歯や歯周病にかかることなく矯正治療を完成させることができます。

 

歯並びは見た目だけでなく、むし歯などの病気のリスク軽減や噛み合わせによる体のバランスの維持など、目に見えない部分に影響があります。そのため、歯並びが乱れている方は早めに矯正をしてキレイに歯並びを手に入れることをオススメします。

当院では大口式ホーム矯正法をオススメしています。この装置は家にいる時だけ装置を装着するので、外での会話や食事、生活に全く支障をきたすことがありません。他人に気付かれることもないので、ひそかにコンプレックスを抱いていたかたでも矯正治療を行うことができる方法となっております。気になる方は是非お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


インプラントのご相談は岐阜市の大口弘歯科クリニックへ