タグ別アーカイブ: 撮影

骨格について

こんにちは!

歯並びを治すときに、注目する点の一つとして骨格があります。そのため、矯正歯科では通常の正面から撮影するレントゲンとは別に、セファログラムというものを行います。

セファログラムは頭部X線規格写真といい、顔面、頭部のレントゲン写真を撮影して分析、診断を下すことです。これにより上下のあごの大きさとそのずれ具合、顎の形や歯の傾斜角、口元のバランスなどが分かります。

この撮影を行った後、Drが分析をします。計測した位置を線で結び骨格から見た基準点からどれだけずれているのか、そしてどういった様に力をかければ基準点まで動かせるかを分析します。

こういった骨格についてはセファログラムでないと正常な診断、分析をすることができません。そのため、歯科医院を選ぶ際の基準に、Drの腕だけでなく設備や矯正装置、そしてこれまでの実績などを参考にされるといいかもしれません。

当院でもセファログラムを使用し、正確に分析、診断を行っております。その結果を元に、患者さんの理想の歯並びを作れる装置を提案しています。中でも患者さんから支持を得ているのが大口式ホーム矯正法です。この矯正法は家にいる間だけで矯正することができるので、人に気付かれず、仕事や学校の生活にも支障をきたすことがありません。気になる方はぜひ一度ご連絡ください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。