タグ別アーカイブ: 開咬

開咬について

こんにちは!

みなさんははカチッと合わせた時、口の中が見えてしまいませんか?もし見えてしまっている方がいれば、それは「開咬」という不正咬合の一つです。

通常はイーっと歯を見せるしぐさをしたとき、歯全体が見えるようになります。しかし、開咬の場合、上の歯と下の歯の間に隙間があり、口の中が見える状態です。この状態だと、噛んでもしっかりと閉じきらないため食べ物を噛み切れません。また噛む力が奥歯にかかるため、負担がかかりやすくなることもあります。

原因として考えられるのが、舌を噛んだり舌で歯を押したりしていたために上下の歯の間に隙間が生まれてしまった場合が多いです。また、口呼吸などで唇を閉じる筋肉が弱ってしまっている場合も口が開き気味になり、そこに舌癖が加わることで開咬となってしまいます。

噛むバランスというのはとても大切で、一部の歯にのみ負担がかかってしまうと歯を支えている骨にもダメージを与えてしまい、歯周病のリスクを高めたり、バランスが悪いことで顎関節症になることもあります。

前歯で噛み切ることができない、と感じたら鏡の前でイーっとしてみてください。もし、上下の歯の間に隙間があるようでしたら開咬かもしれません。歯並びは早めに矯正することをオススメします。

当院ではオリジナルの矯正法、大口式ホーム矯正法をオススメしています。家でだけ矯正できるので、人に気付かれることなく矯正することが可能です。気になる方は是非一度お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。