タグ別アーカイブ: 年齢制限

抜歯と矯正

こんにちは!

歯並びをキレイにする為に「歯を抜く」必要がある場合があります。しかし、せっかくの自分の歯、歯並びのためとはいえなかなか抜きたいと思う方は少ないと思います。では、何故抜歯が必要なのか、詳しくお伝えします。

矯正治療は歯を動かして歯並びを整えるものです。骨の破壊と再生を繰り返すことで徐々に理想の方向へと移動し、最終的にはキレイな歯並びが手に入ります。

しかし、歯は生えそろう時に隙間なく生えてきます。歯並びが悪い人はその隙間がさらにないために無理やり歯が生えてくることでキレイに並びません。つまり「スペース」がない状態なのです。そのスペースがない状態で歯並びを整えようとすれば、どうしても限界が来てしまいます。

そこでスペースを確保するために歯を抜く必要があるのです。歯が抜けた後のスペースをうまく利用して歯並びを整えることができます。そのため医師から抜歯をオススメされるということを理解して頂けると幸いです。

歯を抜かない様にする為には顎の骨をあらかじめ拡げておく必要があります。成長期に良く噛んで顎を成長させることで永久歯が生えてくるときのスペースを作ることができます。

永久歯が生えそろってしまうと矯正治療でしか歯並びを治すことはできません。忙しくなる時でもあるのでなかなか時間もかけられないと思います。そこで当院が開発した「大口式ホーム矯正法」がオススメです。家にいる間だけ装置を付けることで歯並びを整えることができます。歯だけを動かすのではなく、全体を一緒に動かすため、小さい乱れなどであれは抜歯の必要がないケースもあります。気になる方は是非お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。

 


矯正の悩み

こんにちは!

歯並びの悪い方は一度は矯正治療を考えたことがあると思います。ですが、なかなか矯正まで踏み出せないという方も多いと思います。

その多くの方が、大人になってから矯正を考えると思います。子供のころであれば親に連れて行かれて矯正治療をする方もいらっしゃいます。ですが、学生時代にあまり気にしていなかった方は、大人になり社会人になられたときに自分の歯並びを気になると思います。

しかし、大人になってからでは遅いのではないか?これから矯正して意味があるのか?と思う方がとても多いのです。

矯正治療に年齢制限はありません。年齢を重ねている方でも矯正治療は可能です。ですので、気になるという方は、是非一度矯正について歯科へ相談することをオススメします。

そして次に多い悩みが、矯正中の見た目です。矯正と聞くとワイヤー矯正を思いうかべる方が多いと思います。歯に金属をくっつけ、ワイヤーを用いて歯並びを整える方法です。ですが、最近ではインビザラインと呼ばれるマウスピース型の矯正装置が人気です。これは透明なマウスピースを歯に装着することで歯並びが治るというものです。

 

こういった悩みは矯正を考えている方ならだれでも考えることだと思います。そこで当院では、人に気付かれず歯並びを治せる矯正装置を開発しました。「大口式ホーム矯正法」といい、マウスピース型の矯正装置を家にいる間だけ装着することで歯並びがキレイになるというものです。外で装着する必要がないため、他人には気付かれずに矯正が可能です。気になる方は是非一度お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


ワイヤー矯正治療

こんにちは!

矯正といえばワイヤー矯正のイメージがとても強いと思います。歯にブラケットを取り付けて、ワイヤーを通し全体を動かす治療法です。

ワイヤーの角度やブラケットにかかる力を調整することで動かしたい歯を動かし、歯並びがキレイに整う治療法です。

しかし、思い通りにいくことは少ないです。調整する人の技術によっても歯の並び具合は大きく変わります。強く引っ張りすぎると動きすぎてしまったり、反対に弱過ぎてはなかなか動きません。時には前回の歯並びに戻してから矯正をすすめることもあるのです。

なかなか終わらないと通院回数も多くなってしまうのでとても大変です。

またワイヤーが切れてしまったり、ブラケットが取れてしまうこともあるようです。そういったトラブルがあることも覚えておいた方がいいでしょう。

矯正治療にはさまざまな種類があり、人によってオススメの治療法もバラバラです。しっかりと歯科医と相談し、自分に合った矯正をしましょう。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。


後戻りと保定装置

こんにちは!

歯列矯正は全ての歯が並び終わったら終わり、というものではありません。じつは、歯並びがきれいに並び終わった後には保定することが必要なのです。

歯列矯正は小さな力をかけて微量に動かして歯を理想の位置へと動かします。その期間は装置や動かす歯の状態によっても変わりますが、2年~3年以上かかる場合もあります。そうやって動かした歯は、放置しておくことで、元に戻ろうとしてしまいます。今までは引っ張られることで動かされた歯は、矯正装置がなくなったことで元々の位置へ戻ることがあります。これを「後戻り」といいます。

この後戻りを防ぐために、「リテーナー」と呼ばれる保定装置を装着する必要があります。このリテーナーを装着することで後戻りを防止することができます。

歯の移動は、矯正装置によって力をかけられた歯の周りの骨が溶け、その溶けたことでできた隙間に新しい骨ができることを繰り返して起こります。骨を溶かして、隙間に骨が生まれを繰り返すため、しっかりと詰まった状態の骨ではありません。不安定な状態となっているため、放置しておくと戻ることがあります。

リテーナーを装着することで後戻りできなくし、その間に骨がしっかりとしたものへと成長するのです。

そのためリテーナーは一生つけておかなければならないものではありません。装着期間はだいたい矯正期間と同じといわれています。2年かけて矯正したのであれば、リテーナーも2年程度は付けておく必要があります。

 

このリテーナーを徹底しないことで後戻りしてしまい、再び矯正しなければいけないという方も多くいるようですので、しっかりとリテーナーを装着しキレイな歯並びを自分のものにできるよう心がけましょう。

当院の「大口式ホーム矯正法」は他の矯正装置に比べて矯正期間が短いのが特徴です。また、矯正していることを他人に気付かれないため社会人の方や学生の方にもオススメです。

詳しく知りたい方は是非一度お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。

 


高齢者矯正

こんにちは!

みなさんは自分の歯並びが気になっていませんか?歯並びがガタガタしている、うまく噛み合わせられない、など悩みがある方もいるのではないでしょうか?

ですが、すでに年齢も重ねてしまい、矯正するような歳では無い・・・と諦めてしまっていませんか?

確かに歯列矯正は子供のうちにやっておいた方がいいものです。ですが、大人になっても矯正をして歯並びをキレイにすることは大切です。

歯並びが乱れていると、プラークが溜まりやすく虫歯や歯周病のリスクが高くなります。また、噛み合わせは体のバランスにも関わりがあり、噛み合わせが悪い状態が続くと、頭痛や肩こりなども引き起こします。

そして、特に年齢を重ねた人に言えることが、噛むことと認知症の関係です。噛むことで脳の神経を刺激し、血液循環を活性化させるので認知症を防ぐことができるのです。

あまり噛めない場合や歯並びの乱れから噛めている箇所のバランスが乱れていると、歯を支えている骨が痩せていく原因にもなります。そのために、歯が抜けてしまい噛むことができない、噛めないので認知症になってしまう、と悪い連鎖にも繋がってしまうのです。

歯列矯正には年齢制限はありません。当院でも幅広い年齢の方が矯正を行っています。もう遅いのでは・・・と思わずに矯正してみてはいかがでしょうか?

当院ではオリジナルの矯正法として「大口式ホーム矯正法」を行っています。これは家にいる間だけ装置を装着することでキレイな歯並びにできるといったものです。外出するときには装置は付けないので、周りの目を気にせずに矯正を行うことができます。

気になるという方は、是非一度お問い合わせください。

歯に関する情報や先生のラジオでの放送の続編をYouTubeにて放送中です。
ぜひご覧になってくださいね!


上のバナーをクリックでYouTubeのサイトが開きます。